他では見られない絶景を一望できる宿

>

もはや異世界な絶景ホテル

神秘的すぎる絶景ホテル

新潟県妙高市にある「赤倉観光ホテル」は雲海がみられるホテルとして有名です。
標高1000mに建つため、雲海よりも高い位置に客室があるから得られる絶景です。
天候が不安定な5月中旬~7月、晴れて放射冷却が起きた朝などに多く見られるとのこと。
本当に条件がそろわないと見ることができないので、超レア絶景です。
アクセス:しなの鉄道・えちごトキめき鉄道「妙高高原駅」より無料バス(要予約)料金:25920円~

長野県諏訪市にある「寛ぎの諏訪の湯宿 萃sui-諏訪湖」は、客室数8室、おもてなしを大切にするホテルです。
諏訪湖を一望できる展望露天風呂は、まるで湯船から諏訪湖へつながっているような一体感が楽しめます。
夕暮れ時、諏訪湖の向こうに沈む夕日が湖面に映った光景は本当に幻想的です。
アクセス:JR上諏訪駅下車 徒歩15分 送迎あり(要予約) 料金:34100円~

もはや天然のプラネタリウム

山梨県清里高原にある「天空の楽園 清里高原ホテル」は、標高1470mの八ヶ岳山麓に建つホテルです。
客室では南アルプスの大パノラマがむかえてくれます。
また、4階にある天文台では毎晩星空観察会が催されており、宿泊者なら誰でも参加できます。
済んだ空気の中に浮かぶ満天の星に、手が届くような錯覚に見舞われます。
アクセス:JR小海線「清里駅」下車 タクシー5分 料金:35496円~

沖縄県の離島、小浜島にある「はいむるぶし」は、日本で一番赤道に近い島に建つこともあり、全88の星座のうち84の星座を確認することができる星空の名所です。
夏には、当地の方言で「ティンガーラ」、標準語でいう天の川が出現し、まるで雲のように空に広がります。12月~6月には南十字星も確認できるというので、年間を通して楽しめる桃源郷です。
アクセス:石垣空港→石垣港 定期船「小浜湊」下船 送迎バス5分 料金:20776円~


この記事をシェアする